仮想通貨.com

当サイトはこれから仮想通貨を始めたい人や興味を持ち始めた人に向けて情報発信していきます。取引所や仮想通貨の種類、口座開設など分かりやすくお伝えして、仮想通貨市場参入への入り口になれるようなサイトを目指しております。

仮想通貨(暗号通貨)

仮想通貨(暗号通貨)って何?種類はどれくらいあるの?初心者向けにゆる~く解説!

投稿日:

様々な仮想通貨

 

この記事では、仮想通貨(暗号通貨)について解説していきます。

初心者、もしくは興味を持ち始めた人向けに書いていますので難しいことは一切書きません。

「仮想通貨のこの技術が~」「○○という技術を使って~」なんて言われても最初からは理解できませんからね。

「仮想通貨って何?」「種類はどれくらいあるの?」

そういった疑問をお持ちの方は当サイトを参考にしてみてください。

 

仮想通貨(暗号通貨)とは?

仮想通貨とは、インターネット上に存在する仮想の通貨のことです。

仮想なので、法定通貨のように紙幣や硬貨といった物理的な通貨は存在しません。

 

では、どうやって使うのか?

主にインターネット上で利用することになります。

 

名前にもあるように通貨ですので、普通のお金と同じように使うことができます。

インターネットに接続することができれば店でも利用できますし、ネット上のウェブ店舗でも利用できます。

他にも寄付やICO(イニシャル・コイン・オファリング)でも利用されることがありますね。

 

ICOとは?

ICOは仮想通貨を使った資金調達のこと。

企業などが独自トークン(仮想通貨)を発行し、他の仮想通貨や法定通貨で購入してもらう形で資金を調達します。

 

仮想通貨?暗号通貨?

どっちにしようかなと考える人のイメージ画像

 

同じ通貨なのに仮想通貨と呼ばれたり暗号通貨と呼ばれたり、人によって違うことがありますよね。

何が違うのかなーと疑問に思った方もいると思います。

 

仮想通貨、暗号通貨と呼ばれる由来は...

仮想通貨=仮想の通貨であるため

暗号通貨=暗号化の技術を使っている通貨であるため

 

一方は仮想の通貨で、もう一方は暗号化の技術を使っている通貨。

これを見る限り、全然違う通貨のように感じますよね?

 

では、仮想通貨と暗号通貨の違いは?

呼び方が違うだけで、それほど違いはありません

 

細かいことを抜きにしたらこんな感じなんですよね。

だから気にしなくてもいいと思います。

 

では、細かいことを言えば...

仮想通貨は仮想の通貨、つまりゲーム内通貨や電子マネーも含んでしまいます

 

ゲーム内の「100ゴールド」という通貨、これも仮想の通貨と捉えることができますね。

あとは電子マネー、これもチャージ後はデータのやり取りで利用する形なので仮想の通貨と捉えることができます。

ですので暗号通貨が正しいと主張する人もいます。

しかし、今は仮想通貨という言葉も浸透しています。

金融庁なども仮想通貨という言葉を利用していますよね。

そのため、日本国内では仮想通貨でも暗号通貨でも呼び方はどちらでもいいと思います。

 

仮想通貨の種類は?

仮想通貨の種類は1000種類以上と言われています。

ビットコインのように時価総額がとても高いものから、ほとんど価値がないものまでかなりの種類があるんですね。

全てをここに書くことはできませんので、2018年4月9日現在の時価総額トップ10を確認してみましょう。

 

時価総額トップ10
1位 Bitcoin(ビットコイン)/ BTC
2位 Ethereum(イーサリアム)/ ETC
3位 Ripple(リップル)/ XRP
4位 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)/ BCH
5位 Litecoin(ライトコイン)/ LTC
6位 EOS(イオス)/ EOS
7位 Cardano(カルダノ)/ ADA
8位 Stellar(ステラ)/ XLM
9位 NEO(ネオ)/ NEO
10位 IOTA(アイオータ)/ MIOTA

 

1位から5位の通貨は、国内でも扱っている取引所があるから見慣れたものもありますね。

6位~10位のものは、国内の取引所では扱ってないので、初めて見たという人もいるかもしれませんね。

1000種類以上ある仮想通貨ですが、日本の取引所ではごく一部の通貨しか購入できません。

 

ちなみにコインチェックの流出事件で話題になった仮想通貨は?

あの事件で流出したのは「NEM(ネム)/ XEM(ゼム)」といいますが、この通貨は2018年4月9日現在「15位」となっています。

 

仮想通貨の特徴は何か

仮想通貨のことを知りたい人のイメージ画像

 

仮想通貨という大きな枠で考えると...

「仮想の通貨」や「暗号化技術を使った通貨」

 

まずはこういった特徴がありますね。

物理的な通貨ではなく、データとしてやり取りを行う点は仮想通貨の大きな特徴です。

 

24時間365日稼動で投資対象に

仮想通貨は投資対象としても注目されています。

株取引やFXなど以前から投資対象は沢山ありましたが

仮想通貨が誕生してから投資へのハードルが大きく下がった気がします。

値動きが大きいので、短期で大きな利益を出す人も続出しましたね。

 

仮想通貨によって特徴が違う

仮想通貨は沢山の種類があり通貨によって特徴が異なります。

今では投資対象として見られることが主ですが、それぞれ役割、用途などあって作られたものなんですね。

 

一部の通貨を例に出すと...

ビットコインは決済のために

リップルは送金のために

イーサリアムは契約のために

かなり簡単に説明するとこのようになっています。

ここだけ見ても大きな違いがある、というのが分かりますね。

 

他にも仮想通貨は多数ありますので特徴も多数あるわけです。

気になる通貨がある場合は、こういうところも調べてみると面白いですよ。

 

最後に

この記事では、仮想通貨というものを「誰にでも、なんとなく、分かってもらえるように」ここに重点をおき解説してきました。

まずは入り口ですので、技術的なところや難しい言葉は極力使わずに紹介してきましたが、なんとなく分かってもらえたでしょうか。

「なんとなく分かったけど、もう少し知りたい!」という方は、Bitcoin(ビットコイン)についてまとめた記事もありますので参考にしてみて下さい。

BitCoinLogo
Bitcoin(ビットコイン)って何?入手方法やメリットデメリット、ぜーんぶまとめて解説!

  この記事では、Bitcoin(ビットコイン)の概要、メリット・デメリット、入手方法などビットコインに関することを全て書いていきます。 「ビットコインって何?」「ビットコインを使う利点とか ...

続きを見る

 

「とりあえず仮想通貨を始めてみたい!」という方は、まず口座開設をしましょう。始めてのビットコインならビットフライヤーがオススメです。

ポイントサイトやビットフライヤーのサービス「ビットコインをもらう」を利用すれば無料でビットコインをゲットすることも可能です。

口座開設手順は下の記事を参考にしてみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)口座開設方法と二段階認証設定を具体的に分かりやすく説明

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法から二段階認証設定まで分かりやすく、事細かに、説明していきます。 初めての口座開設は、少し戸惑うこともありますよね。そんな時は当サイトを参考にして頂け ...

続きを見る

-仮想通貨(暗号通貨)

Copyright© 仮想通貨.com , 2019 All Rights Reserved.