仮想通貨.com

当サイトはこれから仮想通貨を始めたい人や興味を持ち始めた人に向けて情報発信していきます。取引所や仮想通貨の種類、口座開設など分かりやすくお伝えして、仮想通貨市場参入への入り口になれるようなサイトを目指しております。

仮想通貨(暗号通貨)

Facebook(フェイスブック)の仮想通貨Libra(リブラ)って何?特徴や目的、ビットコインとの違いについて紹介!

投稿日:2019年6月20日 更新日:

libra-top

 

Facebook(フェイスブック)の仮想通貨Libra(リブラ)が話題に上がっていますね!

「Libra(リブラ)の特徴とは」

「Libra(リブラ)とビットコインの違いは?」

色々な疑問があると思うので、簡単に紹介していきたいと思います。

「そもそもLibra(リブラ)って何?」

という方もぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

 

Libra(リブラ)とは

Libra(リブラ)とはFacebook(フェイスブック)が発行を予定している仮想通貨のことです。

既にパートナー企業には「 VISA(ビザ)」や「 Mastercard(マスターカード)」、仮想通貨取引所の「 coinbase(コインベース)」なども参加しています。

libra-partners

他にも「 Ubar(ウーバー)」や「 Paypal(ペイパル)」などの名前もあります。

Libra(リブラ)の目的・目標は、世界中の何十億もの人が利用できる金融サービスを提供することにあるようです。

日本においては、ほとんどの方が銀行口座を保有していると思いますが、世界には銀行口座を持たない人もかなりの数が存在しています。

そのような人でもLibra(リブラ)を使って簡単に送金・決済などをできるようにしていくことを目標にしています。

2020年の実用化を目指していますが、まだまだ課題も多く実際に利用できるのは少し先になる可能性もありますね。

 

Libra(リブラ)の特徴とは

 

では、Libra(リブラ)にはどのような特徴があるのでしょうか。

続いてはこちらについて紹介していきます!

 

価格が安定している

 

Libra(リブラ)はいわゆる「ステーブルコイン」の一種です。

法定通貨などの資産は価格変動がそこまで大きくないので、リブラも同様に変動を抑えることができる仕組みです。

※ステーブルコインとは、法定通貨などの資産の価値と裏付けされている仮想通貨のことです。
簡単に紹介すると法定通貨を担保に入れて、その分の仮想通貨を発行してもらう形です。

 

送金や決済

Payments-libra

 

冒頭でも紹介しましたがリブラの目的・目標は、世界中の何十億もの人が利用できる金融サービスを提供することにあります。

そのため、送金や決済サービスに力を入れている動きが見られます。

パートナーには、クレジットカードの国際ブランド「 VISA(ビザ)」や「 Mastercard(マスターカード)」、決済サービスの「Paypal(ペイパル)」などもいます。

これらを踏まえるとLibra(リブラ)が実用化すれば、フェイスブック上での個人間送金はもちろんですが、決済サービスなどあらゆるところで利用される可能性が高いです。

 

潜在的な利用者の数が桁違い

image-12

 

Libra(リブラ)は、フェイスブックが直接発行するわけではありませんが、強いつながりを持っています。

先ほども書いたようにフェイスブック上での個人間送金など可能になれば、潜在的な利用者はかなりの数になると予想されます。

フェイスブックの月間アクティブユーザーは全世界で約23億人(上図参照)となっており、これらの人が利用をはじめるとかなりの数になるのではないでしょうか。

 

Libra(リブラ)とビットコインの違いとは

 

Libra(リブラ)とビットコインの違いは「裏付け資産の有無」です。

Libra(リブラ)は先ほども紹介したように「ステーブルコイン」の一種となっており、法定通貨などの資産の価値と100%裏付けられているため、価格変動はそこまで大きくないという特徴があります。

そのため実用性があり、法定通貨に近いものとなっています。

一方でビットコインは裏付けられている資産はなく、需給バランスによって大きく価格が変動します。

そのため実用的ではなく、投資対象となりやすい通貨です。

 

最後に

「 Libra(リブラ)」について紹介しました。

フェイスブックの仮想通貨ということで大きな注目を集めています。

2020年より実用化を目指しており、同時期にウォレットも提供予定とのことです。

しかし米下院金融委員会など一部で待ったがかかるなど、まだまだ問題も山積みです。

引き続き注目し、続報があれば追記していきたいと思います。

 

-仮想通貨(暗号通貨)

Copyright© 仮想通貨.com , 2019 All Rights Reserved.